【兵庫県・淡路市】働くとは、「遺す」こと。【キャリアin淡路高校】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」のライター、ロペスです。

先日は縁あって兵庫県淡路市の淡路高等学校、通称「淡高(あわこう)」へ行ってきました。近くインターンの時期を迎える彼ら彼女らに向け、一風変わったキャリアを持つゲストティーチャーたちが各々の仕事観や職業観を語るプログラム。

こういったイベントでは今までずっと取材側の立場で関わっていましたが、今回は自分もゲストティーチャーの一人として参加。「働くとは何か?」について、高校生を前にお話しさせていただきました。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
ゲストの方々。
兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
廃墟カフェのオーナー、高橋さんの存在感がすごい。

事の起こりは、県立農業高等学校定時制課程でのキャリアイベント「県農みらいフェスタ」。以前、イベントレポートを書かせていただいたところ、淡路高校の先生の目に留まり「うちでもやってみたい」と声が上がったそう。ライター冥利に尽きる話です。

今回自分に声をかけてくださったのは、県農みらいフェスタの仕掛人であり、インタビューもさせていただいた古塚明日人先生。今年、県立農業高等学校定時制課程を離任し、新しく淡路島の淡路高等学校に着任。現在、同校で二年生のクラスを担任されています。
先生からの要望は一つ。

「彼ら、彼女らの価値観に『揺さぶり』をかけてくれないか」

加古川ライター、ロペスのイベントレポート。今回は淡路高校の「総合的な学習の時間」でお話させていただいた、私ロペスの講演レポートです。

淡路高等学校

神戸市から伸びる世界最大の吊橋「明石海峡大橋」を渡った先にある離島、淡路島。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
明石海峡大橋

言わずと知れた、日本国内における離島の中で最も多い人口を誇る島です。瀬戸内海に囲まれ、海岸線が美しい風光明媚なこちらの地域。そんな淡路島にある高校が今回の舞台。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー

兵庫県立淡路高等学校、通称「淡高(あわこう)」。在学中に調理師免許を取得できる上に、福祉や農業など幅広い分野を学べる島内唯一「総合学科」のある高校で、地元の若者に限らず地域外からの学生も多く通う学び舎です。

講演の様子

集まったゲストティーチャーは4名。それぞれが特異なキャリアを経ており、世で言う「正解」に同せず、自身で道を切り開いてきた方々です。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
NPO法人ゼロワンの花見 一也(はなみ かずや)さん
兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
元役者の阪中 司泰(さかなか もとやす)さん
兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
廃墟カフェのオーナー、高橋 大輔(たかはし だいすけ)さん
兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
palette編集長のロペス

ゲストティーチャーに課されたミッションは一つ。

これからインターンを迎える学生たちに仕事観、職業観を語り、彼ら彼女らの「正解」に揺さぶりをかけること。

重責に押しつぶされそうになっていた私のとなりに座っていたのは廃墟カフェのオーナーである高橋さん。登場しただけで高校生を揺さぶっていました。
流石すぎる。

全体での自己紹介を終え、各教室に分かれて講演。30名の生徒を前に教壇に立って話をするのは久しぶりのことで、超テンパってました。

ただ生徒の皆さんの温かい反応もあり、私が一方的に偉そうに話すのではなく、コミュニケーションを取りながら進められたのは良かったです。

私が話したのは以下の二点。

「仕事は生きるための手段であり、目的ではない」
「働くとは、遺すこと」

若い世代にとって夢のある話とは言えませんでしたが、自身の経験を踏まえ、これだけは考えて欲しいという想いを伝えてきました。

自分を好きになれるような仕事を

まずは生徒に私自身のキャリアを紹介。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
溢れ出る教員感。

地方の大学で4年間教育を学んだ後、就活戦争を何とか乗り切り、人材派遣会社の営業職として東京へ。教育界隈における当時の世論は「教師は世間知らず」「社会を知らない大人が偉そうに教壇に立って子どもを教えている」といった酷い有様。そんなバッシングを浴びていた私達世代にとって、社会人1年目を企業で過ごすという選択をする同世代は数多くおり、自分もその中の一人でした。

企業で3年ほど修行し、民間の感覚を身に着けた上で教育現場に帰る。こうしたキャリアプランを持って社会に出たものの、あることがきっかけでたった数ヶ月のうちに計画は崩れることに。

心を、病んだんです。
双極性気分障害二型。
いわゆる「躁うつ」と呼ばれるもの。

意気揚々と上京したものの営業は全く上手く行かず、断られても100社200社とガンガンに飛び込んでいく周りの営業同期の中で、自分がいかにちっぽけな存在だったかを知らされました。井の中の蛙で肥大化したチンケなプライドを必死に守り、「出来ない自分」を認められず、ついに「社会的に価値の無い自分は死ぬべきだ」「痴態を晒してまで生きたくない、まだキャリアが綺麗な内に死んでしまいたい」とまで考えるように。

今は何とか持ち直しましたが、ここまで来るのに4年かかりました。

4年、です。
職は続かず転々とし、好きな仕事についても時限爆弾を抱えた心は長くは持たず、すぐに潰れる。「俺は明日死ぬべきか」と考え続けた4年間は、プライドの高い田舎者の心とキャリアをボロボロにするのに十分すぎるほど長い年月でした。

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
過去は未だに乗り越えられておらず、思い出すと汗が止まらなくなる。

そんな中で出した結論が「全ての目的を『生き抜く』に据えよう」ということ。

どれだけ醜かろうが、どれだけ泥にまみれようが、何が何でも生き抜こう。そのために働こう。仕事が出来なくたって、すぐ死ぬってことはない。でも「仕事の出来ない人間ってなんてダメな奴なんだろう」という考え方は、簡単に人を殺す。

そうした学び、経験を踏まえ、高校生たちには以下のようなことを伝えました。

「自分を好きでいられる仕事に就いた方がいい。仕事ができなくても、勉強ができなくても、死ぬってことはない。でも『自分はなんてダメな奴なんだろう』って考えは簡単に人を殺してしまう。自分自身を嫌いにならず、頑張れるような仕事をおすすめします。」

この先仕事をする中で「自分って生きている価値が無いんじゃないか」と思ってしまうのが一番つらい。自分の一番目を逸らしたい過去と向き合いながらの話だったので上手く伝わったかどうかはわかりませんが、今後の参考になればと思い、言葉にすることにしました。

働くとは、遺すこと

二点目は「働くって何?」について。

これは自分の中では明確に答えがあり、一言で答えました。

「働くとは、遺すことだ」

兵庫 播磨 加古川 姫路 ローカルメディア palette キャリア教育 淡路高校 ゲストティーチャー
大学時代から一向に上手くならない板書の字。

どんな仕事であれ何かを生み、発信している限り、その仕事は誰かの目に留まり、人の記憶や地域の歴史に遺っていきます。

例えば教師。
指導内容や教師自身の在り方、児童生徒にかけた言葉、一緒に過ごした思い出など。そういったものが次の世代に遺り、受け継がれていきます。

自分の仕事の場合は「記事」というわかりやすものを生んでいます。地域の魅力的な大人の生き方、思想といったものをインタビューで聞き、記事として生産する。
でもこれだけでは「遺ら」ない。情報過多の今の時代、情報を発信しているだけでは消費されるだけで終わってしまう。
だからこそ、ただの情報発信に留まらず、いつ読んでも学びや感動がある記事をつくりたいと思って日々書いています。

高校生たちには、次の世代をつくるのはあなたたちであるということ、だからこそ仕事を通してどういったものを遺していきたいのかを考えて働いて欲しいと伝えました。

講演を終えて

人前で話す機会は久しぶりで、自分自身いい経験になりました。次はこうしよう、ああしようと帰路の途中で考え、「何で講演の前に気づかなかったんだ!」とちょっと自分を責めたりも。

講演自体がうまくいったかどうか、それは生徒の皆さんが何を得たか、考えたかで決まることなので私自身からは何とも言えません。前職の時、先輩の先生に

「お前が100%の授業をしたと思っていようが、相手に20%しか伝わってなければ、お前の授業の価値は20%なんだよ!」

と口酸っぱく言われていましたから。自己満足な講演に酔うようなダサい真似は絶対したくない。この機会に、生徒の皆さんが色々考えて、自分なりの仕事観や職業観を磨いていってくれたらいいなあくらいに留めておきます。

それにしても、こういった取り組みを行う先生がいらっしゃるというのは、本当に素敵なこと。是非来年もして欲しい。そして私にリベンジさせて欲しい(笑)

古塚先生。今回はお声掛けいただき、本当にありがとうございました。

自分はメディアの編集長、ライターの仕事の誇りにかけて、先生がしてきた「仕事」を、必ず次の世代に遺していきますからね。

写真撮影:SAKASAMA WORKS

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。