4月21.22日【編集長日記(111.112日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

職場の同僚やお客さんから「ロペスさんっていつ休んでるんですか?」と聞かれました。時々休んでいます。時々。
そもそも人と会うのが好きで、面白い場所に行くのが好きで、勉強が好きな自分にとって、休みはそういった活動にあてるための時間でした。しかし今はそれを仕事にできています。

つまり、休みにやることがない(笑)。
久しぶりに、バスケや水泳や、スポーツに挑戦してみようかなー。

編集長動向

21日は前日の土壁塗りの筋肉痛に苛まれながらお仕事。やっぱ日常的に体を動かしていないとダメだな……。

めっちゃ頑張って壁塗りました。楽しかったです!その時は!(笑)

paletteの新サービスを整理し、来年までの収支計画書を仕上げました。何とか今年度中には黒字化へ持っていけそうです。一生懸命頑張っていこう!お仕事待っています!

夜からは学生団体wakabaのミーティングへ。

wakabaについて。

メンバーが企画・運営の際に必ずと言っていいほどぶつかる「モチベーションの壁」にぶち当たっていました。「熱量」が無いと活動を維持するのって難しいんですよね。どれだけ仕組みやメンバーが優秀でも。

今後どういった方向に進むのか、当人一人ひとりの判断次第。素敵な学生がたくさん集まっていたので、wakabaがどうなるにせよ、つながりは維持していきたいなー。

22日はコワーキングスペースmoccoへ。

moccoのHP。

先日「KIFU BAR姫路」を主催していたリオさんとミーティングを行いました。

「KIFU BAR姫路」に参加した時の編集長日記。

リオさんの「東京や大阪といった都心と播磨地域の情報格差を無くしたい」といった想いから、都心で活躍している方々によるオンライン上の講演、ストリーミング動画配信の企画が持ち上がりました。播磨地域に都心の新しいトレンドや業界情報を引き入れたいといった想いは自分にもあったので、是非paletteでやってみませんか?と提案。快く引き受けてくださいました!

6月から本格的に可動させる月額会員のコミュニティ「canvas(キャンバス)」にて、会員特典コンテンツとして提供できればと考えています。お楽しみに!

「palette」「canvas」についてはこちらから!

出会った人

「KIFU BAR姫路」の主催者、リオさんこと廣瀬さん。今日はありがとうございました!面白いことやりましょう!

食べたもの

リオさんからいただいたマネケンのワッフル。美味しかったです!

聴いた音楽

大好きな「ハチミツとクローバー」から。YUKIの「ドラマチック」。

読んだ文章

最所あさみさんのnoteから。素敵な文章で「もうちょっと頑張ってみようかな」と思える優しくも力強い記事です。
是非、是非読んでみてください。

笑ったこと

そんな……ww

考えたこと

今日リオさんとお話して考えたこと。

ずっとずっと、palette立ち上げたときからずっと、この形を夢見てきました。「やりたい」を持っている人の力になること。それが仕事としてちゃんとやっていけること。
立ち上げ2年目を迎えた今、moccoといった素敵な場所で働けることになり、paletteの可能性がどんどん広がってきています。

moccoはこんな素敵な場所。

まだまだ仕掛けるネタがたくさんあるので、地域を明るく彩っていく「palette(パレット)」のようなメディアを目指してがんばります!

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。