2月25日【編集長日記(56日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

やっと……やっと編集長日記が現在に追いついてきました。一日の終わりが3時とかなので中々更新が難しい。ただやると決めたからには続けます。目指せ毎日定時更新。

編集長動向

今日は久しぶりに加古川市の寺家町商店街へ。本日が最終日だった「県農生き方みち図鑑」の展示を見に「びぃぷらす」に行ってきました。以前ゲストティーチャーとしてお呼びいただき参加した企画です。

paletteで関わっていたプレイヤーが勢揃いしており、同窓会みたいになってました。

展示されている「びぃぷらす」は以前ジケフォトの展示も行わせていただいた場所。いつもお世話になっています。

今月は3月9日に開催予定。

以下写真にて展示をご紹介!

510cafeのごっちゃん。
ごっちゃんのインタビュー。
海苔の妖精おにぎりさん。
そして私、編集長ロペス。
ベル美容室の安岡さん。

県農に関わり始めたのは前進路指導部長の古塚先生のお誘いから。こうした一つ一つのつながりが実を結ぶんだなあとしみじみ。あの時声をかけてくださり、本当にありがとうございました。

古塚先生のインタビュー。

展示を見た後は寺家町商店街・ベルデモールを撮り歩き。ぼっちジケフォトを行いました。

加古川南高校のデザイン!
セブンイレブン前にはひと足早く春の装いが。

寺家町商店街では3月6日まで雛人形を飾っているそうなので、蚤の市の時にゆっくり撮りに行こう。

蚤の市は3月3日!今週末!

この雛人形展示の取り組み、実はただ見栄えが良いからというわけではないんですね。ローカルメディアとして仕掛け人の意図はしっかりお伝えしていきたいので以下にてご紹介させていただきます。

地域を見守る優しい人たちの目がこうした企画を生んだと知り、企画を見る目が変わりました。とても素敵な取り組みだと思います。

夜は姫路のコワーキングスペース「mocco」にて勤務。サイレントフロアが誕生し、関わり合いながら勉強や作業ができるスペースと集中できるスペースが分かれました。是非一度足を運んでみてください。お客様にも好評ですよー!

サイレントフロア内観。

その後、バルーンショップe-スマイルのろみひ〜さんと晩ごはん。

いつも本当にありがとうございます。選択と集中を大事に、これからも走り「続け」られるよう頑張ります!

出会った人

バルーンショップe-スマイル代表のろみひ〜さん。paletteに初めて仕事をくださった地域の方でもあります。

バルーンショップe-スマイルのHP。

食べたもの

ガストでビーフシチュー食べました。あと健康に気をつかってサラダも。

聴いた音楽

この日はラジオを聴いていました。

読んだ文章

今日はこちらの記事。「自分で問い(課題)を見つけて動ける」というのはこの先大事になる資質だと思います。教育も言ってしまえばコストだからね。

笑ったこと

この目が笑っていない顔が怖いww終電は間に合いました。

考えたこと

メディアを通して発信を続けていると届く人に届くもので、こうした形で影響を与えられると本当に嬉しいです。見ている誰かにとって「一つかみの砂金」であってほしい。それがメディアの、記事の存在意義だから。

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。