2月24日【編集長日記(55日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

この日は編集長日記の執筆、各方面への連絡に一日使いました。こたつから動かない「こたつむり」な一日だったので、今回の編集長日記は近日中に行われる面白そうなイベントのご紹介をさせていただきます。それぞれpaletteでつながった素敵なプレイヤーたちが仕掛けるイベントなので、どれも楽しんでいただけるかと!

イベント情報

ジケフォト

カメラ片手に加古川市寺家町を撮り歩くフォトウォーク企画「ジケフォト」。3月9日(日)の開催ということで、流れる季節の真ん中で写真を撮ります。カメラ好きの方は是非ご参加ください!

■日時
3月9日(日)
13:00-15:00

■タイムスケジュール
・13:00-14:00
撮影
・14:00-15:00
撮影した写真の公開会

■持ち物
・カメラ
・財布
・携帯
・パソコン

■参加費
無 料

■集合場所
加古川駅改札口前

■参加申し込み
下記リンクより、参加フォームへの登録をお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScPNPE6mKh06DPZyhjguIGoYoCph7YtW9LxnQKvExWEIPBzDg/viewform?usp=sf_link

※集まって個別に撮りまくる。わからなければ、その場で聞いてみる。自由解散。そんな感じです。

これまでの様子。

クリエイター交流会

若い世代のクリエイター交流会。同世代のクリエイター同士、悩みを相談し合ったり切磋琢磨できるようなつながりが生まれそうです。編集長も参加します!

※Twitterアカウントが無い方はロペスまでご連絡いただければおつなぎします!

palette教育フェスタ プレイベント vol.1

paletteフェスタ2018にてつながった教育系プレイヤーのイベント。学校だけじゃない様々な形の教育にふれることができるイベントです。教育に興味のある方は是非!

■目的
1,コンテンツを深める(自身の強みを再認識・深化)
2,コンテンツを増やす(強みを広げる・進化)
3,コンテンツを繋げる(日常の教育実践に学びを繋げる)

■日時
3月17日(日)
13:30〜16:30

■当日の流れ
1,パネルディスカッション
登壇者による教育実践の発表、質疑応答など。
2,グループ対話
4〜5名のグループにわかれ、パネラーからの話題提供を受けてのディスカッション。

■場所
姫路コワーキングスペース「mocco」
〒670-0912
兵庫県姫路市南町76 姫路城陽ビル4F
※受付は4Fですが、会場は6Fの大会議室です。

■参加費
1000円

■参加方法
下記参加フォームから登録お願いいたします。
参加フォーム

■登壇ゲスト(※追加決定次第更新します。)
・放課後box
姫路出身の大学生が取り組んでいるプロジェクト。宿題をサポートしながら、いろんな人を巻き込んで地域交流、多世代交流、異文化交流を深めている。知っていること、興味をもてることを増やし、豊かな選択ができる子どもたちがすくすく成長できるハコを目指して運営中。
Webサイト

・宇高 秀和
兵庫県加西市にある北条高校にキャリアガイダンスを実施。毎回魅力的なゲストを招致し、地域の大人と生徒たちとの対話の場をつくっている。

・阿曽さん
宍粟市の教育サークルの主催、学習サークル「夢プロ」代表、古き良き職員室のようなコミュニケーションの場をつくりたいとの想いから、毎週月曜日に先生の語り場・居場所づくりを行うなど、多岐にわたり教育分野で活動をしている。不定期で授業づくり、学級づくりのためのワークショップも開催中。

365DAYS POSTER

加古川で活躍中のグラフィックデザイナー、「and」の西嶋さんによる「365日デザイン」の個展です。毎日「今日は何の日?」にちなんだデザインをつくり投稿されています。自分の誕生日のデザインとか気になりません?

西嶋さんのインタビュー。

はりま若者イドバタ会議#5

まちづくりにおいてお世話になっている高砂市の市議会議員、島津さんによるイベント。地域について考える若者が集まります。今回のテーマはズバリ「福祉」!

はりま若者イドバタ会議第5弾はDialogue FUKUSHIとのコラボレーション!
■テーマ
フクシって必要?!

そりゃ、福祉は必要。でも自分には関係ないと感じている人がたくさんいると思います。
20代から30代に差し掛かった同い年コンビ島津・世古口が「福祉ってなんだろう」をぺちゃくちゃと話し合った後に、参加者1人ひとりの福祉観を共有し合うことで、
自分には関係ないと思っていた「フクシ」が自分の暮らしに関係ある「福祉」に変わっていくでしょう。無関心を「関心」に。そして、福祉領域における課題に気づき、自分なりのアクションを起こせるように。

■日時
2019年3月24日(日)
START(開始時間):17:30
CLOSE(終了時間):19:30
→入退場自由です。

■場所
mocco6階会議室|姫路駅から歩いて5分
http://moccomocco.net/access

■参加費
1000円 + 投げ銭
※面白かった!企画に共感した!という方は投げ銭をしていただいています。ゲスト交通費などに充てます。

■ホスト
島津 明香
高砂市議会議員。2014年初当選2期目。
「おじさん目線」だけではない、30代女性の等身大の政治を目指し、多様な市民生活に対応する行政サービスの提言に奮闘中。

■ゲスト
世古口 敦嗣
障害者が暮らしやすいまちをつくるNPO法人サポネや医療福祉エンターテインメントのNPO法人Ubdobeなどを経て、農業を中心とした障害をお持ちの方が働く拠点「三休 – Thank You -」を2019年4月にオープン。それ以外にNPO法人月と風と理事やふくしあそび探求舎代表など。福祉にとどまらない音楽イベント「BYE MY BARRIER」や「生き様ソングプロジェクト」、「福祉を対話する文化をつくる「Dialogue FUKUSHI」等、地域とのつながりを大切にさまざまなプロジェクト企画・運営。

■定員
15名
■申込方法
下部リンクよりpeatixにて必要事項を記入してください。

Kakogawa G’z vol.04「ごみ」を話そう

前回「フリースクール」がテーマだった際に参加させていただいた「Kakogawa G’z」。今回は「ごみ」がテーマだそう。持続可能な地域社会のために、是非一緒に「ごみ」について考えてみませんか?

自分たちのまちのこと
少しづつ話してたら面白いこと出来るかも
井上恭子、西本広志、藤輪友宏
何となく3人で初めて見ました「kakogawa G’z」
決して日本を代表するロックバンド〇’zのパクリではありません。

私たちは自分達の暮らしのことをSDGsで定められた17のゴールを交えながら話し合う会です。
まちのこと、くらしのこと、じぶんのこと、いろいろ話して少しでも明日がよくなればいいなーと思います。

//////////
SDGsとは
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
//////////

今回は「ごみ」の話しようかと思います。

私たちの生活が豊かになればなるほど、「ごみ」は出てきます。でも、そのごみが私たちの暮らしや環境に悪影響を及ぼしています。
「ごみ」を出さない
「ごみ」を捨てない
「ごみ」を再利用する
私たちの暮らしと切っても切れない「ごみ」についてお話したいと思いまーす(^o^)/

みなさんお時間良ければどーぞ。
お子さま連れ🆗
車椅子入れます。

公共交通機関 加古川駅5分
お車     有料駐車場近くにあり

日 時 3/27(水)19:00~21:00
場 所 びぃぷらす
参加費 500円

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。