2月14日【編集長日記(45日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

今日は喜怒哀楽の感情がぶわーっと出てきた忙しい一日でした。仕事で自分の弱い面や至らないところがいろいろと露呈。そんな状態で憧れの存在と邂逅を果たし、嬉しいやら悔しいやらで、この記事書いている今でも頭と心がぐるぐるしています。いやー、本当に忙しい(心が)一日でした。

編集長動向

今日は夜に憧れの存在であった「コミュニティマネージャー」の長田さんとアポがありました。お話する前にできる限り勉強をしておこうと、カフェで長田さんの書いている記事をまとめることに。

これまでも色々記事は読んでいたのですが改めて読み直してみると当時とは違う学びや気付きがありました。自身のやってきたことを体系化し、記事としてまとめて発信。それが後に続く誰かの道標になっている。「働くことは遺すこと」といった仕事観を持っている自分にとって、長田さんのされていることはまさに理想の形でした。

キャリア教育のゲストティーチャーで語った仕事観。

その後はpaletteのプレゼン資料づくりのためにひたすら情報収集。兵庫県が出している「県民意識調査」と加古川市が出している「市民意識調査」を調べました。

SNS界隈やニュースメディアでよく聞く「若者像」とは全く違う結果が出ていて驚きました。やりがいを大事にする若者が増えているとか、収入の高低に関わらず精神的に豊かな生活を求めているとか、そんなことはデータには出ていない。「自分の専門知識や能力をいかせる仕事」「世の中のためになる仕事」への憧れが低く、「収入の安定」が最上位。
また「複業」といった言葉に代表されるような働き方に憧れがあるわけではなく、従来どおりの働き方を望んでいる若者が多いとのこと。
自分の周りが社会の中の「ごく一部」に過ぎないと思い知らされました。こうしたチューニングの機会が無いと「世の中って、社会ってこうだよね」と肌感覚だけで語ってしまうので、今後はしっかりデータで考えるようにします。

その後、姫路コワーキングスペース「mocco」にて長田さんと待ち合わせ。挨拶するまでどんな方なのかわからずひたすらドキドキしていましたが、実際お会いしてみると同い年とは思えない丁寧さ、謙虚さを持った素敵な方でした。
どういった経緯を経て今に至ったのか、コミュニティに感じる可能性はどういったものなのか、そういった話を聞かせてくださり、こちらの質問にも丁寧にお答えいただきました。

途中で合同会社ワンダーアースクリエイトの下江が合流し、paletteラジオを収録。「地域で仕掛ける若者」という今月のテーマで長田さんにもご参加いただき、「挑戦するにしても応援するにしてもまずは関係づくりから。その土台があってこその挑戦や応援だと思います」といったご意見をくださいました。長田さんも下江も数多くのコミュニティの運営に関わってきており、そこから出てくる言葉には力がありました。自分ももっと場数を踏んで、彼らと同じ視座で話が出来るようになりたいです。

paletteラジオの放送日は明日。お楽しみに!

収録のために加古川からがっきーが来てくれました。ありがとう!

収録後moccoを後にし、居酒屋へ。お酒もだいぶ入ってきたころ、長田さんから「働くってなんだと思いますか?」と質問が。

ここ最近長田さんの興味関心のあるテーマだそうです。

下江の答えは「守る」こと。家族や仲間、地域、会社など。そういったものを守るために働いていると話していました。
長田さんの答えは「人といい関係をつくっていく」こと。仕事の中で関わっていく誰かと良好な関係を結んでいることを意識されているそうです。これは自分が最近大事にできていなかったことだったので、めっちゃ心に沁みました。

二人と話していると、同年代で同じ職種ということもあり、気を許して色々弱音を吐いてしまいました。ただ二人ともそれを温かく包み込んでくれたので嬉しかったです。仕事をする上で壁は山程あるけど、一つ一つがむしゃらに乗り越えていこう。

長田さん、そして下江、忙しい中お話を聞かせてくださりありがとうございました。是非また一緒に飲みましょう!

出会った人

コミュニティマネージャーの長田さん。ずっとずっとお会いしたかった人でした。

長田さんの記事。

食べたもの

姫路の居酒屋「魚っと」へ。友達との飲み会でもよく利用しているお店です。2階の雰囲気が田舎の食卓!といった感じがしてとても好き。

聴いた音楽

今日は何も聞かず……。

読んだ文章

長田さんと会う前にまとめていた記事たち。コミュニティの定義や必要性、分類などについて学びました。

笑ったこと

酔っ払ってぐでんぐでんのときは俺もこんな感じ。

全く意味がわからねえww

考えたこと

同い年、同じ職種の二人と比べて大きな差を感じ、ただただこのままじゃダメだと思いました。悔しい。コミュニティマネージャーとしても、人としても、もっともっと成長したい。

明日の予定

明日は夜から「コナイト」へ!ボスの梶原さんと一緒に行ってきます!

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。