1月30日【編集長日記(30日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

今日は一日予定が無かったので、がっつり自分の時間に充てることが出来ました。記事の模写をして、地域文化の勉強をして、思索に耽って……。贅沢な一日を過ごすことが出来て良かったです。毎日毎日フルスロットルで活動していると知らない間に体に不調が出てくるもので、今日のような休息日をちゃんと取って無理なくいきたいなーと思っています。

まあ余裕があればの話ですけど……(笑)

編集長動向

今日は上述の通り、一日家にこもってのんびり過ごしていました。

記事の模写はデザイナーの西嶋さんにアドバイスをいただいてからずっと続けてきました。西嶋さんは良いなと思ったデザインを模写し、分解するといったことをされています。そこから新たな着想を得たり、「なぜ良いのか」を深く考えたりできるそう。駆け出しのクリエイターとして、何をどう頑張ればいいのかわからなかったあの時に、側でアドバイスをくれる先輩クリエイターに出会えて本当に良かったなと思います。

加古川で活動している「and」のデザイナー、西嶋さん。

地域文化の勉強を始めたのは、株式会社Sydecasの寄玉さんと出会ってから。株式会社エモズティラボの役員として「高砂染」の再興にも尽力されています。

地域文化や歴史に明るく、地域資源を活かしたプロダクトを数多く生み出している寄玉さんに

「まちづくりをしている人間が地域の歴史文化を知らないってどうなのよ」

とバッサリ言われ、「これは俺も頑張って勉強しないと!」と思ったのがきっかけでした。

牛歩のペースですが、コツコツやってます。

まだ播磨の地にきて一年半なので知らないことも多々ありますが、これからコツコツ勉強していこうと思います。

その後、paletteで進めている企画について整理。先日の編集長日記で書いたとおり、現在「palette教育フェスタ」を立ち上げようと動いています。

詳細はこちらの「編集長動向」から。

播磨地域の魅力的な教育を一同に集め、フェスタ形式で紹介しようというこの試み。日記を書いたそばからたくさんの協力者が名乗りを上げてくれました。

なんと「枠或」の参加も検討してくださることに!嬉しい……!

地域メディアとして、地域の宝である人を育てる「教育」に関わることが出来るのは本当に嬉しい。まだまだ協力者を募集しているので、ご興味のある方は是非!

出会った人

今日は一日家にいてました。

食べたもの

手料理がマジで美味い。「いつも中華やん」と文句を言いながらも美味しい中華をいつもつくってくれます。感謝。(いつもより少ないらしい。「まだ本気じゃない」と本人は言っています)

聴いた音楽

昨日「プロフェッショナル・プロジェクト」のゲストティーチャーで伺った奈良県の小学校の先生、とっくん。クラスの子の誕生日にはバースデーソングをプレゼントしているそう。素敵だったので視聴。

昨日の「プロフェッショナル・プロジェクト」の様子。

読んだ文章

地域文化や歴史を学習しようと購入したこちらの本。

購入したお店はもちろんこちら。

地域にどんな産業があってどういった人が関わってきたのか。その歴史や物語をしっかり後の世に語り継いでいけるよう勉強します。

笑ったこと

前職が認定こども園の保育補助だったのですが、職場がこの辺りでしたww

明日の予定

明日は加古川で将棋教室を開いている大学生と会ってきます。お話できるのが楽しみ!

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。