1月28日【編集長日記(28日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

今日は加西市から来た下江くんと、加古川市から来たコーヒーで世界を変えるごっちゃんと、二人で一緒に姫路市を回りました。自分は一足先に姫路へ来てあちこち開拓していたので、その際につながった地域プレイヤーを何人か紹介しました。それぞれが各地域の魅力的なプレイヤーとつながり、「ここにはこんな素敵な人がいるよ!」「あそこにはこんな面白い取り組みがあるよ!」と紹介し合うこの流れ。いい感じです!これからもよろしく!

編集長動向

上述の通り、今日は二人と姫路市を散策。新しくレンタルスペース・コワーキングスペースが出来たとの情報が入ったので一緒に視察に行ってきました。
伺ったのは「cafe Relea」さん。

1Fがカフェになっており、こちらでランチをいただきました。女子高生や大学生など、若い人が多く集まっていました。

続いて2Fへ。レンタルスペース・コワーキングスペースとして開放しているスペースを視察させていただきました。

喫煙スペース完備という喫煙者には嬉しい仕様。最近タバコを吸えるスペースって中々無いもんなあ……。ご興味のある方は是非!詳細は以下のサイトからどうぞ。

次に向かったのは「城下町スタイル うたかた」。以前クラウドファンディングをされている時に知り、伺ったゲストハウスです。

まちづくりをしていると地域外から人をお呼びする機会も増えるので、こうした場所を知って提案できるようにしておくのも大事なことなんですよね。特にこちらは歴史文化を感じられる内装と着物の着付けが出来ることもあり、姫路らしさを楽しめるゲストハウスとなっています。今後どんどん紹介していきたい。詳細は以下のサイトから。

その後は二人と解散して姫路のコワーキングスペース「mocco」へ。もう毎日来ている気がする……。編集長日記の更新と、スケジュール調整やメールの返信などをしていました。

出会った人

加古川のコーヒーの人、ごっちゃん!合同会社ワンダーアースクリエイトの役員としても活躍中。最近はYoutuberもしているそう。

ごっちゃんのインタビュー。
さすが製菓専門卒!キッチンに立つ姿が画になっている……。

食べたもの

「cafe Relea」さんでいただいたカフェラテ。泡がふっわふわでした……。

聴いた音楽

ピアノといえばこの人。車のCMでも使われていました。

読んだ文章

自然界では弱肉強食という単語通り、弱い者が強い者に捕食される。
でも人間の社会では何故それが行われないのでしょうか?

この質問に対しての返答がすごい。優しい知性を見た。

アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね。
ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです。

その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです。
だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです。

笑ったこと

島田さんwwかわいいなおいww

考えたこと

今の子どもたちが、子ども時代にちゃんと出会える大人の種類といえば、せいぜい親と学校の先生と習いごとの先生くらい。その大人たちがキラキラしていないのに、誰が未来にワクワクして学ぼうと思いますか。チャレンジしようと思いますか。

これは明日ゲストティーチャーとして伺う小学校の担任教諭とっくんの言葉です。私の母校である畿央大学の後輩で、現在奈良県の小学校教諭として活躍してるとっくん。学生時代にキャンプやイベントで何度も組んでやってきましたが、哲学も実力も兼ね備えたとんでもない後輩で「バケモノみたいなヤツがいる」と周りによく言っていました。

上記の言葉どおり、今の教育現場で児童・生徒・学生が多種多様な大人と関わる機会はかなり少ないと思います。誰もが課題を感じていながら中々打開策を提示できないでいる。そんな中、彼の行っている「プロフェッショナル・プロジェクト」は大変意義深いものであり、そこにゲストティーチャーとして呼んでいただけたことは光栄の極みです。こういった取り組みがどんどん展開されていくといいなあ。

「人の数だけ生き方や働き方の正解がある」

そうしたことをしっかり伝えられるよう、明日一日頑張ってきます!

明日の予定

明日は大学の後輩で小学校教諭であるとっくんの学校へ行ってきます。ゲストティーチャーとして小学校へ行くのは初めてなのでどきどきです。頑張ろう!

とっくんが行っている「プロフェッショナル・プロジェクト」。

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。