1月27日【編集長日記(27日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

先日、ボスに「その調子で働き続けたら死ぬぞ」と言われたので、なんとしても生活リズムを取り戻そうと編集長日記を早めに書くことにしました。面白いことは大体23時以降に起こるのですが、健康には代えがたい……。「圧倒的成果は、圧倒的犠牲の上に成り立つ」との言葉を信じて時間と健康を顧みずに働き続けた結果、体にガタが来ていますし、パフォーマンスもめちゃめちゃ落ちているので、まずは健康を取り戻します……。

編集長動向

今日はお昼ごろ起床。姫路のコワーキングスペース「mocco」にて書漂家クロギタロウ氏による新企画「ホントレート」の取材を受けてきました。人と本との間にある物語をインタビュー形式で記事に起こすこちらの企画。トップバッターを任されました。彼女と同じ本を選んだこともあり(偶然)、なんと同時にインタビュー(笑)どういった記事になるのか楽しみです!

クロギタロウ氏のインタビュー。
「ホントレート」の詳細。

夜からは教育イベントの打ち合わせ。去年行った播磨地域で活動するプレイヤー同士の交流会「paletteフェスタ2018」でつながった二人の教育プレイヤーと、教育学習会サークル「枠或」のメンバーと、合計4名でオンライン会議をしました。

教育学習会サークル「枠或」代表の門積健太先生。
地元加西市でキャリアガイダンスを仕掛ける宇高くん。

「播磨で面白い教育を行っている人たちとつながりたいよね」

と前々から話していたのですが、いよいよ実現に向けて動き出します。その名も「palette教育フェスタ」。既存の公教育に限らず、民間教育やフリースクールといった様々な教育に携わる人たちが交流し、新しい知見を得たり自身の教育を見直したりしてもらおうと企画しました。

初回は3月17日(日)13:30〜16:30の予定です。場所は姫路のコワーキングスペース「mocco」の6F大会議室。イベント日が近づきましたら各種SNSや編集長日記等で告知させていただきます。

教育は「地域の宝」である人を育てる取り組み。paletteとしても、次の地域プレイヤーの育成や優秀な人材の育成のために一肌脱ぎます!プロの教育者の方たちと連携し、地域教育の振興を図るこちらの試みに興味ある方は是非ご連絡ください。一緒にやりましょう!

出会った人

書漂家のクロギタロウさん。palette随一の腕を持つ文化系フォトライターです。個人ブログ「Booksだらり庵」ではきれいな写真がたくさん見られますよ!

タロウさんのブログはこちらから。

食べたもの

ラーメン食べる!

聴いた音楽

最近ずっとこの人の声に癒やされている……。

読んだ文章

今回は絵本。いわむらかずおさんの『かんがえるカエルくん』にドハマりしてから我が家の書庫に絵本が増えてきました。絵本ってかわいいし、深いんですよね。「ほう!」と核心をつく一言があったり、そんな見方があったのかと驚いたり、読んでいて飽きないです。ということで、今日はヨシタケシンスケさんの『りんごかもしれない』。

笑ったこと

久しぶりに見た……ww初めてネットで見たゲーム実況がこれでした。

考えたこと

まちづくりの盟友、合同会社ワンダーアースクリエイトの下江のブログから。

彼のこれまで形にしてきたことは、これから自分がやっていきたいことでもあるんです。地域に「挑戦」「交流」の場をつくり、そこで食っていけるようサポートをしていく。paletteは「挑戦」を応援する広報の役割と、プレイヤー同士をつなぐ「交流」の役割を果たしています。今後はそれらをもっと加速させるとともに、「食っていける」ように支援もしていきたいと思っています。

そのためにはまず自分がしっかり食っていかないと駄目なんですけどね。
ビジネスも今年一年でしっかり学んでいきたいな。

明日の予定

明日は合同会社ワンダーアースクリエイトの下江と一緒に姫路のレンタルスペースへ伺ってきます。まだまだ姫路も開拓不足なので、こうした機会にあちこち回って、関係と情報を足で稼いでいきます。

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。