1月22日【編集長日記(22日目)】

こんばんは。
播磨の魅力を発信するメディア「palette」の編集長、ロペスです。

昨日、大好きなメディアの大先輩である塩谷さんが以下のような投稿をしていました。

もうね、嬉しい!メディアで力を持っている人がこういったメッセージを出してくれて、本当に嬉しい。
塩谷さんのおっしゃる通り、記事にコメントを付けて拡散してもらえるとめちゃくちゃ助かるんですよ。読者のリアクションがわかるし、色んな人に見てもらえる機会が増える。これほど力になることって無料メディアでは他に無いんですよね。

いつもRTやシェアしてくださっている皆さんには感謝してもしきれません。今後ともよろしくお願いします!

編集長動向

今日は昼から姫路のコワーキングスペース「mocco」にて助成金のための打ち合わせ。中学時代からの知り合いで元金融業の幼馴染に助っ人をお願いしました。まちづくりとなると中々収益化へと舵を切るのが難しく、こうしたスタートのタイミングで補助が出るのは助かります。どういった目的で使うのか、そもそも助成金である必要があるのかなど、今後しっかりと相談しながら進めていきます。

夜からは「mocco」にて勤務。サイレントスペース増床についてやクラウドファンディングについて質問をお受けする機会が増えてきました。たくさんの方々に興味を持っていただけて嬉しい限りです。クラウドファンディングはまだまだ継続中ですので、是非応援よろしくお願い致します!


出会った人

中学時代からの幼馴染、どめす。

最近FUJIFILMに魅せられミラーレスを肌身離さず持ち歩いているカメラ沼の住人です。元金融業ということもあり、数字と書類に強い強力な助っ人です。これからもよろしく!

食べたもの

何も口にしてない。痩せてしまう。俺のアイデンティティが失われる。

聴いた音楽

ろん×そらるの「廃都アトリエスタにて」。ろんさんがね、昔から好きなんです。

読んだ文章

今日読んだ文章はこちら。言わずと知れた「灯台もと暮らし」の鳥井さんの記事。

外から見たときは、チームよりも個人のほうが今の時代においては信頼性を獲得しやすく、そもそもその個人のスキルや魅力に既にお客さんがついているはずなんです。

この一文にすべてが凝縮されています。
また個人が輝ける時代と言えるのと同時に、個人に力量がなければ組織であっても活躍が厳しい時代にもなってくるはず。自分も会社におんぶ抱っこではなく、ちゃんと稼いでいける人間にならないとなあ。

……と書きながら、仕事上でとあることがあってチームで動く大切さも身に沁みて感じました。今まで個人プレーで仕事をやってきたツケが仕事でも家庭でも問題になってきている……。「自己判断、自己決定、自己責任」が社会の原則だと思っていたけど、チームプレーってそれだけじゃ成り立たないもんな。意識改革しよう。

笑ったこと

姫路にカブて……wwどこで撮ったのww

考えたこと

昨日Twitterで投稿した内容について。

この「ポキっと折れた」のは自分もまさにそうでした。「社会に変えられて」しまえば良かったんですが、めちゃくちゃ頑固で、そのくせそれを貫き通すだけの力量がなくて、結局潰れるしかなかった。「自分を貫く」ってめっちゃ難しいんですよ。みんなどこかに矛盾を抱えながら生きている。それを認められるだけの柔軟さが、ある種一つの強さだと思います。

明日の予定

明日は一日インタビュー記事を書きます。明日中に書き上げる予定!

Follow me !!

お仕事(インタビュー・取材など)の相談は
こちらから。

この記事を書いた人

ロペス

1992年、奈良県生まれ。少年の心を忘れない26才児。paletteの編集長兼ライター。通称「ロペス」。畿央大学教育学部を卒業後、東京の人材派遣会社に就職。その後小学校教諭、塾講師、認定子ども園保育補助を経て現職。人、モノ、場所の魅力を引き出し、記事として発信するため日々奮闘中。目下の悩みは「終わらない成長期」。ダイエット方法募集中。